第1講座:月のリズムで自分を生きる

月のリズムで自分を生きる講座 月のリズムで自分を生きる講座

この記事はメルマガで配信している
「月のリズムで自分を生きる」
の内容です。

自分の願いを紙に書きだし
毎日、自分の心を観察する練習を
地味に地道にトコトコと続けることで

気がつけば

自分の望みが叶っていることを
体験する講座です

メールで配信を希望するかたはコチラを

メルマガ講座のゴール

この講座は月のリズムと自分の感情リンクさせることがゴールです。

そうすることで、自分の感情をコントロールしやすくなります。

アナタは普段、
どんな感情で生活をしていますか?

その感情があなたの人生をつくっています。

もし、そうだとしたら、
どんな感情がベストでしょう?

みなさんそれぞれ言葉はちがうでしょうが、ほとんどの人がポジティブな言葉で感情を表現するはずです。

そのベストな感情を
どれくらい味わっていますか?

感情はふだんの思考や行動がつくります。

人間って一日に数万回も思考をしていると言われています。

自分の思考をコントロールするなんて、そりゃぁムチャってぇもんでゲス

と思いますよね。

ですが、感情と体はリンクしています。

体の観察を習慣にすることで感情をコントロールできます。

時間はかかります。人によっては1年とか、もしかしたらもっとかかるかも。

そんなに待てない!
いますぐなんとかしたい

そう思う気持ちはわからないでもないですが、おそらくムリです。

ムリだということに気づくまで、
お金と時間をつかうか

もしくはあきらめて地味に地道に自分をコントロールすることに時間をつかうか

そのどちらかを選ぶときです。

地味に地道にコントロールする練習をすると決めたかたは、次に進んでください。

新月と満月だけではダメ?

新月や満月の日にちなんだおまじない。

それぞれ流派があり、頑張ってやっている人もいるかもです。

なんだけど叶ってますか?

叶っているかた、おめでとうございます。この講座は役に立ちません。

叶っていない方。このメルマガ講座が役に立つかもしれません。

ふだんの感情は?

新月や満月のとき、お願いごとをするだけで終わっていませんか?

もしかしたら、そのやり方は違っているかもしれません。

アナタの人生はふだんの感情によって作られています、泣いたり笑ったり、怒ったり落ち込んだり、そんな感情のコレクションがアナタの人生になっているわけです。

ゆるふわに心地よく生きる

そんな人生にしたいならポジティブな感情が多いほうが良いわけです。

新月や満月のときだけ、そんなポジティブな感情にしても、それ以外の日がネガティブならどうなるでしょう?

僕はポジティブな出来事は起きづらいんじゃないかなぁと思うわけです。

新月や満月のときだけじゃなく、月のリズムにあわせて、自分の感情をポジティブ寄りに変えていくことが、この講座の最初のゴールです。

バトンタッチを意識しよう

新月や満月のときだけ願いごとをしてポジティブな気持ちになっても、ネガティブな感情にもどる人がほとんどです。

それは人間についている「現状維持モード」が働くからです。

無理やり、やる気にしても、もって3日です。

ほとんどの人は次の日に、いつもの感情や状況にもどっています。

なので、最初のうちは毎日のように心をリセットして、少しずつ感情のレベルをあげていく作業をしたほうがいいわけです。

感情には22段階のレベルがあると言われています。

<エイブラハムの感情段階>

その22段階のうち、どの感情をたくさん味わっているかで人生の質が決まるわけです。

ゲームのように感情のレベルを上げていくことが人生の質を高めます。

そんな感情のレベルあげに必要なのが「バトンタッチ」です。

「○ねばいいのに、あのハゲ」

といつも思っている人が、いきなり、

「うわぁ! なんて素晴らしいのだ、この世界は!」

となるのは、たぶん変なクスリをつかわないとムリです。

自分が望んでいる感情を目標に、一段ずつレベルをあげるようにバトンタッチをしていきましょう。

22日でなにをする?

新月の前日からワークをスタートして22日間、自分の体にフォーカスして体の変化を観察する練習が、この講座でやることです。

ワークにとりくむことで自然に体と感情をコントロールできるようになります。

一回のワークでは、
うまくいかないかもしれません。

地味に地道にトコトコと、自分の体と向き合い、感情をコントロールできるようになっていきましょう。

そのお手伝いができることを願っています。

次回は
新月の前の日にやることをご紹介します。

<毎日やるワーク>
「空」を体験する一日5分ワーク

次の講座→

コメント