第22講座:月のリズムで自分を生きる

月のリズムで自分を生きる講座 月のリズムで自分を生きる講座

自分の内なる本当の自分、高次の自己とつながることができ、内面的に覚醒していくことをあらわす審判のカードが当てられる日です。

体の感覚が今までとは少し違うことに気づき、時には内から幸福感や喜びがあふれ出ることを感じられるかもしれません。

ただし、かならずしもそう感じられるわけではありません。練習は必要です。

ですが練習を続けることで、じょじょに体の感覚が変化し、意識がより良いほうに向かっていきます。

具体的でわかりやすいのが呼吸の質です。

長く、ゆっくりと深く息を吐いて吸うことが普通になり、そんな呼吸が乱れることに気づきやすくなります。

呼吸と掃除は一緒です。常にキレイだったら汚れているトコロがわかりやすいように、呼吸も長く、ゆっくりとするのが当たり前になっていると呼吸の乱れに気づきやすくなります。

呼吸は自分でコントロールできる無意識の行動といわれています。この行動をコントロールすることで感情のコントロールもラクにできるわけです。

ですが、地味で地道でトコトコと進むことでしか得られません。

ただ本来、自分を変えていくってそういうものです。魔法は存在しません。

そして感情をあらわす月のリズムを意識していれば、死ぬまでには変わっているはずです。

審判があらわす日は、内なる自己とのつながりを深める機会があり、呼吸の質や感覚などの変化を感じられるかもです。 内なる真我との一体感を深めることができるでしょう。

講座をメールで配信を希望するかたはコチラを

タロットの審判

審判のカードはいままでの思考や行動を深く考えるいい機会を提供してくれます。

過去の長い体験と行動から学んだ教訓をふり返って、今後の自分の生き方や在り方を真面目にイメージするための思考の時間なのです。

大事なのが、

こんな未来を望んでいたから、こういった結果になったのだ

と変換することです。過去はすでに起きたことで、どうしようもありません。

過去は自分が望んだ未来の結果としてとらえることで、前向きに人生をとらえられます。

それをあらわすのが審判のカードで、新しいチャンスや再出発の可能性が無限にあるというメッセージを送ってくれています。

無限の可能性を思いだすことで、意味のある新しい一歩を正しく踏みだす力が身についていきます。

そうやって行動すると、過去の束縛から解放され、希望に満ちた未来を当たり前なものと受け容れられ、前向きな気持ちで一歩を踏み出せる自分を感じ取れます。

自分の長所や課題をしっかりと見つめ、新しいスタートを切る良いエネルギーが審判の日には送られます。

まずは、自分の長所や未来の方向性について深く考える時間を大切に持ちましょう。

そうすることで自分がホントに望む道へ進み、自分がそれを叶えるに値する存在なのだと信じられるようになります。

審判のキーワード

変革
時代や環境が変化する中で、自分自身や考え方を変えていく必要があることを意味します。新しい可能性を見出すことができ、自分や周りの状況を発展させていく上で不可欠な概念です。

学び
人生を通じ続ける学習の過程を指します。知識や経験を深めることで、自分は成長していきます。新しいことを学ぶ姿勢こそが、人としての成長を実現していく上で大切な要因なのです。

自己研鑽
自分自身を深く見つめ直し、自分の長所と短所を正しく認識することです。その上で、自分の成長と向上のために取り組んでいく姿勢や努力を指します。

前向き
困難な状況に遭遇しても、気持ちをくじかせずポジティブな視点で取り組もうとする姿勢です。失敗から学び、再起して進んでいく姿勢が求められます。

希望
不確実な未来に向かっても、継続的な学習と努力により自信と希望を持ち続けられる、という意味合いです。

審判の日

幸福を感じることにフォーカスしましょう。

自分がいま、この瞬間が幸福だと感じていれば眼の前の世界は幸福な世界になります。

それを何回もくりかえすうちに現実に変わっていきます。

劇的に変わることはありません。じょじょに自然に変わっていって、いま自分が望んでいる世界になったときにはじめて気づきます。

まずは幸福を感じることに集中しましょう。

自分自身を信じ、自分の夢や目標を実現するには、まず内なる自分と向き合い、自分の感情を受け入れる必要があります。

自分はいまこの瞬間、とってもしあわせで、自分がしあわせそのものと感じることです。

そして、ずっと自分に寄り添っていた内なる声に耳を傾け、自分をカタチづくってきた経験と感情を見つめ直す時間を持ちましょう。

最後に自分を支持してくれた家族や友人、そして社会や自然から学んだコトに感謝の気持ちをあらわしましょう。

すべてはつながっていて、自分一人ではなく他の人々とも関係が自分そのものです。

自分の幸せを求めることは他者の幸せにもつながるのです。

自分自身が幸福と実感できていれば、それは周りの人々にも幸福をもたらします。

自分の内面を見つめながら、自分の強みを認め、自分を信頼する心を養いつづけましょう。

時には挫折するかもですが、前向きな気持ちを持ち続けることが大切です。


<毎日やるワーク>
「空」を体験する一日5分ワーク

次の講座→

コメント