第20講座:月のリズムで自分を生きる

月のリズムで自分を生きる講座 月のリズムで自分を生きる講座

月のカードが引かれる日です。

月のカードには、一見矛盾する二面性が存在します。

ポジティブな側面とネガティブな側面が共存し、いま抱えている感情の状態によって、意味合いが変わることがあらわされています。

でも、どのような道を選んだとしても、最終的には同一の結末へと導かれることをあらわしているのが月のカードです。

大切なのは自分の内側にある価値あるもの、それがいかに心に重くのしかかっているかに気づき、それを手放す勇気を持つことです。

講座をメールで配信を希望するかたはコチラを

タロットの月

時として大事にしているものが、実は自分の進歩をジャマして、同じ場所にとどまらせている原因である可能性があります。

それはネガティブな感情で、子どものころ(7歳まで)のネガティブな体験からやってくるものと言われています。

人間はネガティブなことをずっと覚えています。それは人間の機能で、その機能のおかげで人類は生きのびてきました。

でも、その機能のおかげで、進みたいけど進めない状況をつくるわけです。まるでブレーキとアクセルを全力全開でふんでいる状態です。

その状態をやめるには、自分の内側と対話をすることです。内側からの答えは夢や直感、さらに体感というカタチで出てきます。

月のカードはそんな夢や直感、そして私たちの心の深い部分に関連するテーマに焦点を当てています。

夢や直感は私たちの深層心理からくるメッセージです。夢や直感のメッセージに注目することで、気づきがうまれ、自己理解を深め、物事を新しい目で見れるようになります。

瞑想や心理療法を活用することです。

瞑想は夢や直感のメッセージを理解し生き方の指針にすることができます。夢や直感などの表面では見えないモノって、人生の方向性を見出し心を成長させるために大切にするものです。

内面世界の探索は自分という存在をより深く理解し、日々の生活をより充実したものにしていくためには欠かせない要素です。

夢や直感といった無意識の働きは、私たちが目にする世界の表面的な部分には映し出されないものの、人生の方向性を見出し、心の成長を促す重要な役割があります。

月のカードは、日々の忙しい生活の中で見過ごされがちな、私たち自身の内面との対話する時間をもってねとメッセージを送っています。

自分との対話はあなたの内面の世界を探求し、自分自身を深く理解する道しるべとなります。

このカードによって示されるのは、明らかで励ましとなるポジティブな面と、避けがちなネガティブな面があります。その両方を通じて今の自己像がはっきりと見えてきます。

月のカードは、私たちの日常で意識していない心の奥深くを探ることを促し、そのような自己探求が新たな自己理解を導く糸口となります。

月のキーワード

直感
感覚を強調し、直感を信じることの重要性に光を当てているカードです。知覚や直感は、自己の核心に迫るための重要なツールであり、時には論理よりも深い真実を教えてくれます。


私たちの夢は、無意識のメッセージを届ける言語とイメージです。このカードは、夢を通じて無意識からの知らせを受け取り、それを解釈することの大切さを伝えます。

内省
自己を振り返り、内面を見つめることで自己理解を促進することを推奨します。内省を通じて、私たちは自分自身の行動や動機、そして価値観を再評価するチャンスを得ます。

不確実性
人生は予測不可能な要素で満たされています。そのような不確実性を受け入れ、それを乗り越える冒険の旅へと旅立つことを自分が望んでいることを気づかせてくれます。

自己理解
自己を深く理解することは、より充実した生活を送るための土台を築きます。月のカードは、自分自身の深層で何が起こっているのかを把握するための手がかりを提供します。

幻想
私たちはしばしば現実を超えた空想の世界に逃避しますが、このカードは想像力を養い、創造性を解放することの重要性を認識させます。

心の深層
心の奥底には多くの未発見の感情や考えが隠されています。これらを探り、自己実現へと導くための鍵が月です。

月の日

月の日がもたらすのは、自分との対話です。

自分をより深く観察する能力が高まるにつれて、自我の浄化が始まる機会を迎えます。

自我の浄化とは過去のトラウマをてばなすことです。トラウマは体の痛みとしてあらわれることがあります。

そんな体の痛みを、満月の引力は引きあげようとします。

そんな古い記憶から生まれたネガティブな感情をまっすぐ受けとめて経験してみることです。

というと「どM」の所業に感じます。安心してください。そんなことをする必要はありません。

額に出っ張っているトコロがあります。その出っ張りに手をおいて、ゆっくりと呼吸をするだけでOKです。場所は鬼化した禰豆子のツノが出ている場所です。

そうやってネガティブな感情を解放することで、宇宙の大きな流れに身を任せ、宇宙を俯瞰する本来的な視線に戻ることができます。この視線が戻ると、私たちは感情に振り回されることなく、この世界で起こることすべてに意味があると受け入れ、楽観的な態度を取ることができるのです。


<毎日やるワーク>
「空」を体験する一日5分ワーク

次の講座→

コメント