第17講座:月のリズムで自分を生きる

月のリズムで自分を生きる講座 月のリズムで自分を生きる講座

この日のカードは悪魔です。

どこからどう見ても、イヤなカードです。死神のカードよりもイヤな反応をしがちです。

この前後が満月になります。

そんな満月の日が悪魔のカードですが、これって大きな秘密が隠されているんだと個人的には感じています。

どんな秘密かはわかりませんが。感覚で感じています。

月って神秘的で癒やしをあたえてくれるイメージですが、ここ2〜3000年ほど人類は月に支配されていたと占星学では考えられています。

満月の日、タロットは呪縛がキーワードの悪魔ですが、このカードは月の呪縛から抜け出すことの大事さをひそかにアドバイスしているかもです。

講座をメールで配信を希望するかたはコチラを

タロットの悪魔について

悪魔のカードは、一見恐ろしくて否定的な意味を持っているように思えますが、深いメッセージを秘めています。

悪魔カードは、物事の本質を見抜き、自分自身を解放する力を象徴しています。

このカードは、私たちの欲望や束縛、依存心を表し、それらが私たちをどれだけ制約し、自由から遠ざけているかを教えてくれます。

これらの欲望は、僕たちがホントに求める自由や真実から目を背けさせ、物質的な世界に縛りつけます。

しかし、このカードは、欲望や束縛が悪いものではないことをあらわしています。

自分の欲望や自分を縛っているモノを理解し、自分自身の内に存在することを認めることで、初めて自由と解放、真実への道を開くことができます。

また、このカードは自己を見つめ直し、自己認識を深めるきっかけを与えてくれます。自分の弱点や欠点、恐怖を直視し、それらを受け入れることで、真の自己成長と解放を達成することができるのです。

悪魔のカードが出たときは、自分の内面と向き合い、自分を束縛しているものに気づき、それを超える方法を考えてみましょう。

悪魔のキーワード

  • 自己認識
    自分を理解し、自己の特性や価値観を認識することです。これにより、自己の強みや弱点を把握し、自己成長や目標達成に向けた意識的な取り組みが可能となります。
  • 解放
    束縛や制約から自由になることを指します。自己の心や思考、行動において制限や制約を感じている場合、解放を求めることでより自由な存在として生きることができます。
  • 内面との対話
    自己の内なる声や感情と向き合い、それらを理解し受け入れることです。内面との対話を通じて、自己の本当の欲求やニーズを把握し、より意識的な人生を送ることができます。
  • 欲望と束縛
    人間の本能や願望と、それによって制約されることを指します。欲望を持つこと自体は自然なことですが、欲望にとらわれすぎることで自由が制約されることがあります。欲望との関係をよりバランス良く保つことで、より豊かな人生を送ることができます。
  • 真実と自由
    自己の真実を受け入れ、それに基づいて自由に生きることを意味します。真実を見つけることや受け入れることは、時には困難なことかもしれませんが、自己の真実に基づいて行動することで、より充実した人生を築くことができます。

悪魔の日

月の影響は前後2〜3日ほどあります。それぞれのカードの影響がからみ合いながら、あなたの人生を手助けしてくれます。

私たちは一人で生きているように見えますが、実際には目に見えないモノ、感じられないモノや宇宙の大きな流れに生かされています。

人生をコントロールしようとせず、大きな流れに身を任せ、起きた出来事を受け止め、生まれてくる感情を味わい尽くすことが大切です。

満月の日は、どれだけ大きな流れに身をまかせていたか、その結果が表れる日です。

起きた出来事を受け容れ、そこから望んでいる方向に軌道修正する時です。

軌道修正とは、心のワクワクする方向に向かおうと意識することです。

僕たちは今、大きな歴史の転換点に立っており、未来や感情をどのように選択するかが問われていると感じています。

僕たちをしばる月

月は僕たちを恐怖でしばりつけ、不安を感じて生きるよう思い通りに動かそうとします。

月があるハウスに関することに、人は恐怖や不安を感じるといわれています。

1ハウス:自分の行動、容姿、外見
2ハウス:収入や経済的不安
3ハウス:人とのコミュニケーション
4ハウス:家、実家について
5ハウス:恋愛、魅力
6ハウス:健康のことばかり
7ハウス:結婚
8ハウス:セックス、夫婦関係
9ハウス:学問、知識
10ハウス:仕事、社会生活
11ハウス:友だちとの交際
12ハウス:普通に生きられない

僕たちは魂のままの自分で生き、進むことを選んで生まれてきたのだと思っています。

そのジャマをするのが月です。自分ではコントロールしづらい感情を月がゆさぶり、僕たちが魂のままの自分で生きること、そのために前に進むことをジャマしてくるわけです。

そのジャマに気づくには練習をすることです。

愛や感謝をイメージし、うれしい、楽しい、愛、感謝と言葉にして伝え、心地よい感情を味わう練習をすることです。そうすることで自分の心が満たされ、感情に揺さぶられることが少なくなります。

今日の満月を見て、どんな感情が湧き上がってきましたか。その感情をまずはしっかり味わい、そこから希望にフォーカスしましょう。


<毎日やるワーク>
「空」を体験する一日5分ワーク

次の講座→

コメント