第11講座:月のリズムで自分を生きる

月のリズムで自分を生きる講座 月のリズムで自分を生きる講座

9日目は隠者のカードが月の象徴となります。

日常生活が忙しくなると、自分自身とのつながりや内面の声に耳を傾けることを忘れがちになります。この日は特に、その特徴があらわれやすいです。

魂のバランスを取り、内なる調和を追求することが、この日のポイントとなります。

瞑想やヨガなどをして、自分の内面に向き合い、内的なバランスを整えてみましょう。

自己探求をすることによって、さらに自分自身の奥深い部分を探求することができ、それによって本当に取り組むべき課題が見つかることもあります。

得たアイデアは、生活をより充実させることにつながります。

隠者のカードは愚者と同じように杖を持っていますが、この杖は進化しています。コントロールできなかった衝動を今ではコントロールできるように成長したことを象徴しています。

自分の能力は確実に高まっており、それを活かすことに気づいていけるはずです。

講座をメールで配信を希望するかたはコチラを

タロットの隠者

タロットカードの9番目に位置する隠者は成長や進化を象徴しています。

隠者のカードは、私たちの内なる成長や進歩を促し、内的なバランスを追求する重要性を示しています。

このカードは、私たちが日々の生活の中で忙しさに追われている中で、自分自身とのつながりや内面の声に耳を傾けることを忘れがちであることを教えてくれます。

また、隠者のカードは、私たちに新しいアイデアや目標を生み出し、それらを実現するための行動を起こす時期であることをアドバイスしています。

私たちは日常生活の忙しさに忙殺されることが多く、自己探求や内なる調和を追求することを後回しにしてしまいがちです。

しかし、隠者のカードは私たちに向き合い、自己探求を行い、内なる調和を追求する時期であることを伝えています。

隠者のキーワード

  • 内なる成長
    自己の能力や知識を向上させることを指します。新しいスキルを学び、経験を積むことで、より成長し続けることができます。
  • 進化
    常に変化し続けることを意味します。自己の考え方や行動を改善し、より良いバージョンの自分になることを目指します。
  • 内的なバランス
    心と体の健康を保ちながら、生活の中での調和を追求することを指します。ストレスを軽減し、心地よい状態を保つことが大切です。
  • 自己探求
    自分自身の本質や意味を探求することを指します。自己の強みや価値観を理解し、自己啓発を行うことで、より充実した人生を送ることができます。
  • 新しいアイデア
    創造性や柔軟性を通じて生み出されるものです。新しい視点や発想を持つことで、問題解決や革新的なアイデアを生み出すことができます。
  • 目標の実現
    自己の望む結果や成果を達成することを指します。具体的な目標を設定し、計画を立て、努力を続けることで、目標の達成に近づくことができます。

課題や目標をあらわす右の柱

セフィロトの右の柱は自分の課題や目標をあらわしています。

右の柱は土星・火星・水星で構成されています。男性的なエネルギーの柱です。

土星は課題をあらわし、セフィロトでは「ビナー」が土星をあらわしています。

このビナーは

内面と外面、光と闇など相反するモノを統合させたり調和させたりすることが大事なのさ、そこを理解しようぜ

とメッセージを送っています。

火星は「ゲブラー」が支配しているとされていて、力強く活力に満ちたエネルギーを象徴しています。

このエネルギーは、目標達成や自己成長のための意欲や情熱をあなたの内側から引き出すサポートをしてくれます。

また自分が持っている不安をあらわしていて、その不安を燃やして消してしまうのがゲブラーのエネルギーです。

自分に制限をかけるため、あなたが普段言っていることってなんですか?

どうせ自分なんて こんな自分なんて
そんな自分は夢をかなえるに値しない

そんな口ぐせをやめるには、このゲプラーのチカラを借りることです。

燃えさかる炎をイメージして、その炎で自分に制限をかける言葉を燃やしているのをイメージしてみるといいです。

温かいロウソクの火をイメージして、その穏やかな温かさが自分の心の傷を癒やしているのをイメージするのもいいかもです。

水星は「ホド」が支配をしていて、ホドは思考を象徴しています。そして、その思考の先にある栄光についてもあらわしています。

自分の内面と向きあい、自分のやっていることが果たして本当に自分の望んでいる未来につながっているかを見直すときです。

この日はさらなる成長のために自分の課題を見直し、行動や思考を立て直すことを意識しましょう。

また自分の内側を見直しているときに出てきた、過去の傷にむきあい、その傷を癒やすために時間をつかうこともオススメです。

ムリに治そうとするのではなく、傷を負った昔の自分とじっくり向きあうことです。

本来の、魂のままの自分はそのままでカンペキな状態です。じっくりと向きあうことで、向きあうだけで、本来のカンペキな自分にもどることができます。


<毎日やるワーク>
「空」を体験する一日5分ワーク

次の講座→

コメント